順天堂大学脳神経内科

順天堂医院脳神経内科では入局希望医師(研修医)、治験希望患者さんを募集しております


Powered by Google
〒113-8431 東京都文京区本郷3-1-3 TEL03-3813-3111(大代表)
  研修医・学生の方へ治験希望の方へ業績在宅医療について関連病院一括同窓会
  学会活動  
各種報告・発表・著書等の紹介
教室への主な訪問者 医師会・保健所活動への協力
原著・症例報告 著書・総説
学会発表
講演 その他発表

学会発表 【順天堂医院 脳神経内科】

 
[ 国際学会発表 ]
Hattori N, Takeda A, Takeda S, Nishimura A, Kitagawa T, Mochizuki H, Nagai M, Takahashi R. Efficacy and sefety of rasagiline monotherapy in Japanese patients with early Parkinson's disease: A Phase 3, Randomized, double-blind, Placebo-Controlled, Multicenter study. Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Ando M, Fiesel FC, Hudec R, Caulfield TR, Ogaki K, Górka-Skoczylas P, Koziorowski D, Friedman A, Chen L, Dawson VL, Dawson TM, Bu G, Ross OA, Wszolek ZK, Springer W. THE PINK1 P.I368N MUTATION AFFECTS PROTEIN STABILITY AND DISRUPTS KINASE ACTIVITY, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Arikawa-Hirasawa E, Nakada S, Yamashita Y, Hattori N. The role of Perlecan in NNOS mediated mechanotransfuction in skeletal muscle, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Atsuta N, Yokoi D, Nakamura R, Watanabe H, Hayashi N, Ito M, Watanabe H, Katsuno M, Izumi Y, Morita M, Taniguchi A, Oda M, Abe K, Mizoguchi K, Kano O, Kuwabara S, Aoki M, Hattori N, Kaji R, Sobue G. Prognosis of Japanese patients with amyotrophic lateral sclerosis according to motor phenotype, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Cossu D, Yokoyama K, Hoshino Y, Tomizawa Y, Hattori N Humoral immunity to Bacille Calmette Guérin (BCG) lipophilic antigens in Japanese MS and NMOSD, 23th World Congress of Neurology (WCN2017), Sep 18, 2017, Kyoto
Daida K, Tanaka R, Yamashiro K, Oyama G, Umemura A, Shimo Y, Hattori N. Association between cerebral microbleeds and dementia in patients with parkinson's disease, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Eguchi H, Imaizumi M, Funayama M, Hatano T, Saiki S, S. Sato S , Imai Y, Miwa H, Hattori N. Juntendo University Nerima Hospital, Neurology, Tokyo, Japan. Association between PARK2 and diabetes and related pathologies, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Elahi M, Motoi Y, Ishiguro K, Hattori N. Serum/Glucocorticoid Regulated Kinase 1 (SGK1), Tau Pathology and Cognitive Dysfunction in High-Fat Diet-Fed Tauopathy Model Mice Alzheimer’s Association International Conference London, Jul 16, 2017, London
Fujimaki M, Saiki S, Li Y, Kaga N, Taka H, Hatano T, Ishikawa KI, Oji Y, Mori A, Okuzumi A, Koinuma T, Ueno SI, Imamichi Y, U. Takashi, M. Yoshiki, Funayama M, Hattori N. Serum caffeine its metabolites are biomarkers of early Parkinson's disease, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Fukae J, Umemoto G, Fujioka S, Yanamoto S, Tsuboi Y. Videoendoscopy study of swallowing in Parkinson’s disease. 21th International Congress on Parkinson’s disease and Movement disorders, June 4-8, 2017, Vancouver, Canada 
Fukae J, Yamauchi A, Kataoka Y, Tsuboi Y. Uric acid protect dopamine neurons from 6-hydroxydopamine, 23th World Congress of Neurology, Sep 16-21, 2017, Kyoto
Funayama M, Park JS, Amo T, Funayama T, Akamatsu W, Sue CM, Hattori N. CHCHD2 deficiency leads to mitochondrial dysfunction and increasing oxidative stress in human neuroblastoma SH-SY5Y cells, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Hatano T, Okuzumi A, Saiki S, Sato S, Hattori N. Comprehensive metabolome analysis of serum of Parkinson knockout mice, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Hatori K, Suzuki Y, Izawa N, Tani M, Hattori N, Fujiwara T. Hyoid displacement during the pharyngeal stage of swallowing in patients with Parkinson’s disease. 23th World Congress of Neurology, Sep 17, 2017, Kyoto
Hayashida A, Li Y, Yoshino H, Nakahara T, Yoritaka A, Nagara Y, Sakiyama Y, Kusaka H, Takiyama Y, Morimoto N, Uchino A, Fujimoto T, Sekijima Y, Tomimoto H, Tsuruta K, Hattori Y, Kashihara K, Funayama M, Nishioka K, Hattori N. PINK1 heterozygous mutations in familial Parkinson's disease, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Hosaka Y, Inoshita T, Cui C, Arano T, Shiba K, Imai Y, Hattori H: Reduced TDP-43 expression improves axonal transport and synaptic activity in a Drosophila model of Perry syndrome. XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 20, 2017, Kyoto
Iijima M,Orimo S, Terashi H, Suzuki M, Hayashi A, Shimura H, Mitoma H, Kitagawa K, Okuma Y. Efficacy of Istradefylline for Gait Disorders in Patients with Parkinson’s Disease. 23th World Congress of Neurology, Sep 15-21, 2017, Kyoto
Ikeda A, Funayama M, Yoshida M, Sonedera S, Li Y, Nishioka K, Aiba I, Saito Y, Atsuta N, Nakamura R, Tohnai G, Sone J, Izumi Y, Kaji R, Morita M, Taniguchi A, Sobue G, Hattori N. The suppresive reguration of CHCHD2 in amyotrophic lateral sclerosis, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Isihkawa KI, Yamaguchi A, Okano H, Hattori N, Akamatsu W. A high-throughput disease-specific phenotype detection system of Parkinson's disease for drug screening, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Iwamuro H, Shimo Y, Umemura A, Nakajima A, Oyama G, Jo T, Sekimoto S, Nakamura R, Sasaki F, Arai H, Hattori N. Neuronal beta band oscillatory activity in the basal ganglia reflecting rigidity in Parkinson’s disease patients, 23th World Congress of Neurology, Sep 17, 2017, Kyoto
Iwamuro H, Tachibana Y, Ugawa Y, Saito N, Nambu A Somatotopic organizations of motor cortical inputs to the subthalamic nucleus and globus pallidus of monkeys12th International Basal Ganglia Society Meeting, Mar 26, 2017, Merida, MEXICO
Izawa N, Iwamuro H, Tani M, Hatori K, Hattori N, Fujiwara TAnalysis of planter pressure during standing and walking in patients with Parkinson’s disease. 23th World Congress of Neurology, Sep 17, 2017, Kyoto
Jo T, Kenji Yoshimi, Toshimitsu Takahashi, Oyama G, Hattori NDifferentiation of norepinephrine from dopamine using a carbon fiber microelectrode: dual use of rectangular and triangular waveforms in voltammetry. 23th World Congress of Neurology, Sep 16-21, 2017, Kyoto
Kamo H, Miyamoto N, Tanaka R, Ueno Y, Watanabe M, Kurita N, Hira K, Shimada Y, Kuroki T, Yamashiro K, Urabe T, Hattori N. Analysis for usefulness of WORSEN score; The predicting score for the deterioration of acute stroke. 23th World Congress of Neurology, Sep 16-21, 2017, Kyoto
Kanai K, Yokota T, Shibuya K, Nakazato T, Kanouchi T, Iwai Y, Oyama G, Shimo Y, Shimizu T, Hattori N, Kuwabara S. Increased motor axonal persistent sodium currents is associated with rapid regional spreading in amyotrophic lateral sclerosis, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Koinuma T, Mori A, Hatano T, Imai Y, Hattori1 N. Function analysis of c19orf12 by using a model of drosophila, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Kono Y, Nisioka K, Komatuzaki Y, Ito Y, Li Y, Yoshino H, Tanaka R, Hattori N, Iguchi Y. CADASIL type 2 in two families presenting mimic symptoms of CARASIL, Poster. XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
 ページの先頭へ


Kurita N, Yamashiro K, Kuroki T, Tanaka R, Ueno Y, Urabe T, Nomoto K, Takahashi T, Tsuji H, Asahara T, Yamashiro Y, Hattori N.Gut dysbiosis induces lipopolysaccharide-mediated inflammation after cerebral ischemia in type 2 diabetic mice. 23th World Congress of Neurology, Sep 17, 2017, Kyoto
Kuroki T, Tanaka R, Shimada Y, Yamashiro K, Ueno Y, Shimura H, Urabe T, Hattori N. Exendin-4 inhibits mmp-9 activation and reduces infarct growth after focal cerebral ischemia in hyperglycemic mice, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Miyamoto N, Tanaka R, Ueno Y, Watanabe M, Hira K, Shimada Y, Kuroki T, Yamashiro K, Urabe T, Hattori N. Analysis of usefulness of the WORSEN score for predicting the deterioration of acute ischemic stroke. The 8th Korea-Japan Joint Stroke Conference, October 19-21, 2017, Niigata, Japan
Miyazaki H, Oyama F, Kino Y, Kurosawa M, Yamada-Kurosawa M, Yamanaka T, Shimogori T, Hattori N, Nukina N. Gene expression profiling of medium spiny neurons in Huntington's disease model mouse, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Mori A, Hatano T, Saiki S, Ishikawa KI, Oji Y, Okuzumi A, Fujimaki M, Koinuma T, Hattori N. Plasuma metabolomics reveals low levels of antioxidants in PSP, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Motoi Y, Nakayama S, Hattori N. Galantamine Response Associates with Agitation and the Prefrontal Cortex in Patients with Alzheimer’s Disease. Alzheimer’s Association International Conference, July 16, 2017, London
Nakajima A, Shimo Y, Oyama G, Umemura A, Hattori N. Preioeratuve non-motor symptoms influence outcome of subthalamic nucleus deep brain stimulation (STN-DBS) in patients with Parkinson's disease (PD), Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Nakatani M, Matsumoto R, Kobayshi K, Hitomi T, Inouchi M, Matsuhashi M, Kinoshita M, Kikuchi T, Yoshida K, Kunieda T, Takahashi R, Hattori N, Ikeda A. Inhibitory effects of electric cortical stimulation on interictal epileptiform discharges in human epileptic focus, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Nakayama S, Shimonaka S, Elahi M, Oji Y, Matsumoto SE , Li Y, Yoshino H, Nishioka K, Hatano T, Motoi Y. Hattori N. Two families with new MAPT gene mutations: Clinical and biochemical characterization, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Nakazato T, Kanai K, Fujimaki M, Oyama G, Shimo Y, Hattori N. Greater axonal persistent sodium currents correlate with more rapid disease progression in patients with amyotrophic lateral sclerosis, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Nishioka K, Hirano M, Stoessl AJ, Yoshino Y, Imamichi Y, Ikeda A, Li Y, Funayama M, Yamada I, Yusaku N, Sossi V, Farrer M, Hattori N. Homozygous alpha-synuclein A53V in familial Parkinson's disease, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Noda K, Hattori N, Okuma Y. PISA syndrome in progressive supranuclear palsy: a case report, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Nonaka R, Ishikawa KI, Nakamura R, Jo T, Shiga T, Oyama G, Saiki S, Okano H, Hattori N, Akamatsu W. Differentiation of highly-enriched midbrain specific dopaminergic neurons from human induced pluripotent stem cells (iPScs) on feeder-free culture, International Society for Stem Cell Research 2017 (ISSCR 2017), June 14-17, 2017, Boston, USA
Nuermaimaiti M, Oyama G, Chayut K, Hattori N. Istradefyl line for restless legs syndrome associated with parkinson's disease, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Nuermaimaiti M, Oyama G, Kasemsu C, Hattori N. Istradefy lline for restless legs syndrome associated with Parkinson's disease, 23th World Congress of Neurology, Sep 16-21, 2017, Kyoto
Ogaki K, Martens YA, Heckman MG, Koga S, Labbé C, Lorenzo-Betancor C, Walton RL. , Soto AI, Vargas E, Nielsen HM. , Fujioka S, Kanekiyo T, Uitti RJ, Van Gerpen J, Cheshire WP, Wszolek ZK, Low PA, Singer W, Hattori N, Dickson DW, Bu G, Ross OA Multiple system atrophy and apolipoprotein E: genetic, pathological and functional analyses 12th Annual Meeting of Genetic Epidemiology of Parkinson's Disease, Oct 13, 2017, Cairns, Australia
Ogaki K, Martens Y, Heckman M, Koga S, Fujioka S, Kanekiyo T, Wszolek Z, Singer W, Low P, Dickson D, Hattori N, Bu G, Ross O. Multiple system atrophy and Apolipoprotein E: Genetic analysis and functional study, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Ogawa T, Kajimoto Y, Kuroki T, Eguchi H, Hattori N, Miwa H. Secondary cervical dystonia associated with Opalski’s syndrome following acute medullary infarction: a possible relationship between the lateral-caudal medulla and cervical dystonia, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Ohta S. Hydrogen medicine: Initiation, Development and Application Thailand Ministry of Public Health Annual Academic ConferenceUdonthani, Thailand, September 7, 2017
Ohta S. Moleculat Hydrogen Medicine: from initiation to recent progress The molecular hydrogen 10th year anniversary conference Guangzhou, China September 15, 2017
Ohta S. Hydrogen Medicine: from basic science to clinical study Chinese Hydrogen Biomedical Association年会 中国仏山(Foshan), China 2017.12.6
Okuma Y, Mitoma H. . Objective identification of freezing of gait in Parkinson's disease patients using a triaxial accelerometer21th International Parkinson’s disease and movement disorders congress, June 4-8, 2017, Vancouver, Canada
Okuzumi A, Hatano T, Saiki S, Hattori N. COMPREHENSIVE METABOLOMIC ANALYSIS OF SERUM OF PARK2 PATIENTS, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Sakurai M, Ueno Y, Tanaka R, Yamashiro K, Miyamoto N, Hira K, Kurita N, Urabe T, Hattori N. Age stratification and impact of eicosapentaenoic and docosahexaenoic to arachidonic acid ratios in ischemic stroke patients, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Sasaki F, Oyama G, Ito M, Satoko Sekimoto, Ryota Nakamura, Takayuki Jo, Hirokazu Iwamuro,Shimo Y, Umemura A, Hattori N. Postoperative delirium after deep brain stimulation surgery for Parkinson’s disease, 21th International Congress of Parkinson's and Movement Disorders, June, 4-8, 2017, Vancouver, Canada
Sasaki F, Oyama G, Ito M, Sekimoto S, Nakamura R, Jo T, Iwamuro H, Umemura A, Shimo Y, Hattori N. Lower preoperative cognition is associated with postoperative delirium after stn-dbs surgery in parkinson’s disease, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Sasaki F, Oyama G, Ito M, Sekimoto S, Nakamura R, Jo T, Simo Y, Umemura A, Hattori N. Postoperative delirium after Deep Brain Stimulation surgery for Parkinson’s disease, Poster 365, International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, June 4-8, 2017, Vancouver, BC, Canada
 ページの先頭へ

Sasazawa Y, Saiki S, Hirano K, Fujimaki M, Furuya N, Ishikawa K, Akamatsu W, Hattori N, Imoto M. Novel autophagy inducers against Parkinson's disease, The 8th International Symposium on Autophagy, Nara Kasugano International Forum 甍 IRAKA, 2017. May 29-Jun 1, 2017, Nara, Japan
Sasazawa Y, Saiki S, Soma S, Hattori N. Spermine enhances autophagy via regulating lysosomal dynamics. The 8th International Symposium on AutophagyNara Kasugano International Forum 甍 IRAKA, 2017. May 29-Jun 1, 2017, Nara, Japan
Sato K, Kuwano S, Hirai E, Hokari Y, Izawa N, Fujiwara T. The effectiveness of rehabilitation with stimulation after STN-DBS in moderate Parkinson’s disease patients. 23th World Congress of Neurology, Sep 17, 2017, Kyoto
Sekimoto S, Oyama G, Hatano T, Sasaki F, Nakamura R, Jo T, Shimo Y, Hattori N. The effectiveness of telemedicine system in parkinson’s disease: a pilot study, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Sekimoto S, Oyama G, Hatano T, Sasaki F, Nakamura R, Jo T, Shimo Y, Hattori N. A prospective randomized cross-over study of telemedicine system in Parkinson’s disease, Poster 1376, International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, June 4-8, 2017, Vancouver, BC, Canada
Sekimoto S, Oyama G, Taku Hatano, Fuyuko Sasaki, Ryota Nakamura, Takayuki Jo, Shimo Y, Hattori N. A prospective randomized cross-over study of telemedicine system in Parkinson’s disease, 21th International Congress of Parkinson's and Movement Disorders, June, 4-8, 2017, Vancouver, Canada
Shimura H, Hayashi A, Aiba S, Shimada Y, Hattori N, Takao U. Effect of rotigotine on 25 patients with parkinson's disease for 156 weeks, a single-arm, prospective study, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Shojima Y, Ueno Y, Tanaka R, Yamashiro K, Miyamoto N, Hira K, Kurita N, Nakashima S, Urabe T, Hattori N. Predictors of mortality and the risk of recurrent vascular events in ischemic stroke patients, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Straniero L, Guella I, Rimoldi V, Parkkinen L, Young A, Asselta R, Follett J, Soldà G, Saba E, Sossi V, Stoessl J, Nishioka K, Hattori N, Rajput A, Cilia R, Goldwurm S, Farrer M, Pezzoli G, Rajput A, Duga S. A member of the HSP40/DNAJ family is a novel gene for early-onset parkinsonism, Poster 1058, International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, June 4-8, 2017, Vancouver, BC, Canada
Suzuki K, Okuma Y, Uchiyama T, Miyamoto M, Sakakibara R, Shimo Y, Hattori N, Kuwabara S, Yamamoto T, Kaji Y, Hirano S, Kadowaki T, Hirata K. The effect of sleep-related symptoms on clinical motor subtype and disease-related disability in Parkinson's disease; A Multicenter, Cross-sectional study, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Tanaka R, Yamashiro K, Miyamoto N, Noda K, Shimada Y, Ueno Y, Okuma Y, Hattori N, Urabe T: Efficacy of alogliptin (DPP-4 inhibitor) for the secondary prevention after ischemic stroke or TIA with type 2 diabetes mellitus. The 3rd European Stroke Organisation Conference 2017, May 16-18, 2017, Prague, Czech Republic
Tanaka R, Yamashiro K, Oyama G, Nishioka K, Umemura A, Shimo Y, Hattori N. Different clinical and vascular risk factors of mild cognitive impairment, and dementia in parkinson's disease, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Tanaka R, Yamashiro K, Miyamoto N, Noda K, Shimada Y, Ueno Y, Okuma Y, Hattori N, Urabe T: Efficacy of alogliptin (DPP-4 inhibitor) for the secondary prevention after ischemic stroke or TIA with type 2 diabetes mellitus. The 8th Korea-Japan Joint Stroke Conference, October 19-21, 2017, Niigata, Japan
Tsunemi T, Wado A, Hattori N, Krainc D. ATP13A2/PARK9 regulates intracellular A Synuclein levels through exocytotic pathways, 23th World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Umemura A, Oyama G, Shimo Y, Nakajima M, Nakajima A, Jo T, Sekimoto S, Nakamura R, Sasaki F, Iwamuro H, Ito M, Arai H, Hattori N. Freezing of gait after pallidal stimulation for Parkinson disease World Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, 17th Quadrennial Meeting, June 26, 2017, Berlin, Germany
Yamashiro K, Kurita N, Kuroki T, Tanaka R, Urabe T, Yamashiro Y, Nomoto K, Takahashi T, Tsuji H, Asahara T, Hattori N: Modulation of gut microbiota reduces acute focal cerebral ischemia/reperfusion injury in type 2 diabetic mice. The 3rd European Stroke Organisation Conference 2017, May 16-18, 2017, Prague, Czech Republic
Yamashiro K, Tanaka R, Ueno Y, Miyamoto N, Urabe T, Nomoto K, Takahashi T, Tsuji H, Asahara T, Yamashiro Y, Hattori N. Bacterial translocation and fecal organic acids in stroke patients, 23th World Congress of Neurology, Sep 17, 2017, Kyoto
Yamashiro K, Tanaka R, Urabe T, Ueno Y, Yamashiro Y, Nomoto K, Takahashi T, Tsuji H, Asahara T, Hattori N. Gut Dysbiosis is Associated with Metabolism and Systemic Inflammation in Patients with Ischemic Stroke. BIT’s 9th Annual Congress of Cardiology, Nov 16, 2017, Singapore
Yamashita Y, Nakada S, Yoshihara T, Hattori N, Arikawa-Hirasawa E. Perlecan, a heparan surfate proteoglycan, regulates metabolic dynamics, Poster, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
Yokoyama K, Cossu D, Hattori N. Comparison of humarl immunity against acid-fast bacilli lipophilic antigen in patients with Japanese MS and NMOSD, European Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis (ECTRIMS), Oct 25, 2017, Paris, France
Yoritaka A, Ohtsuka C, Maeda T, Hirayama M, Abe T, Watanabe H, Saiki H, Oyama G, Fukae J, Shimo Y, Hatano T, Kawajiri S, Okuma Y, Machida Y, Miwa H, Suzuki C, Kazama A, Tomiyama M, Kihara T, Hirasawa M, Shimura H, Oda E, Ito M, Ohno K, Hattori N. A randomized double-blind multi-center trial of hydrogen water for Parkinson’s disease, 23th World Congress of Neurology, Sep 16, 2017, Kyoto
Yoshino H, Nishioka K, Li Y, Ikeda A, Shibagaki Y, Hosaka Y, Iwanaga H, Fujitake J, Ohi T, Miyazaki D, Sekijima Y, Oki M, Kusaka H, Ugawa Y, Funayama M, Hattori N. Clinical heterogeneity of GCH1 mutations in Parkinsonism with or without dystonia, XXIII World Congress of Neurology, Kyoto International Conference Center, Sept 16-21, 2017, Kyoto
 ページの先頭へ


[ 国内学会発表 ]
服部信孝.口演、iPSを用いたパーキンソン病の遠隔診療、神経変性疾患領域における基盤的調査研究班(中島班)平成29年度班会議、2017年12月22日(会期は22日~23日)、JA共催ビルカンファレンスホール、東京
服部信孝.ポスター、パーキンソン病患者・モデル動物由来多面的解析に立脚したパーキンソン病病態解析、平成29年度AMED脳と心の研究課、研究交流会、2017年11月30日、ベルサール高田馬場、東京
Hattori N, Takeda S, Mochizuki H, Takahashi R, Nagai M, Takeda A, Nishimura A, Kato M. Adjunctive rasagiline in Japanese Parkinson's Disease (PD) patients with wearing-off phenomena, Poster, 第11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス、品川プリンスホテル、2017年10月27日、東京
Hattori N, Saiki S, Hatano T, Fujimaki M, Ishikawa KI, Oji Y, Mori A, Okuzumi A, Koinuma T, Ueno SI. Novel metabolic biomarkers for Parkinson's disease, AMED-CREST疾患代謝シンポジウム、疾患メタボロームへの挑戦 -、第11回メタボロームシンポジウム、2017年11月13日、ホテル阪急エキスポパーク、大阪府吹田市
Funayama M, Ikeda A, Matsushima T, Daida K, Nakajima S, Conedera S, Li Y, Yoshino H, Oyama G, Nishioka K, Hattori N. A novel variant of CHCHD2 in a patient with sporadic Parkinson’s disease、日本人類遺伝学会第62回大会、2017年11月17日、神戸
Matsuki W, Miyazaki S, Sasazawa Y, Simizu S.新規白血病治療薬候補vibsanin Aの構造活性相関解析、第21回日本がん分子標的治療学会学術集会、福岡県福岡市九州大学、2017年6月14~16日、福岡
Meng H, Yamashita C, Shiba-Fukushima K, Inoshita T, Imai Y, Hattori N: Loss of Parkinson’s disease-associated protein CHCHD2 affects mitochondrial cristae structure and facilitates cytochrome c release from mitochondria. 第40回日本神経科学大会 千葉、2017年7月22日
Ohta S. Hydrogen water improves mild cognitive impairment with the APOE4 genotyp 第7回日本分子状水素医学生物学会年会、名古屋ホテルガーデンパレス、2017年10月29日、名古屋
伊澤奈々、岩室宏一、谷真美、羽鳥浩三、服部信孝、藤原俊之.パーキンソン病患者での足圧測定機能付きトレッドミルを用いた立位・歩行時の足圧分析、第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術大会、2017年10月28日、大阪
飯嶋 睦、吉井 均、鈴木圭輔、野川 茂、長田高志、平田幸一、北川一夫、服部信之、大熊泰之.パーキンソン病のレム睡眠行動障害と嗅覚障害、運動・非運動症状との関連性の検討. 第11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス、2017年10月26-28日、東京
伊澤奈々、岩室宏一、谷 真美、羽鳥浩三、服部信孝、藤原俊之.パーキンソン病患者での足圧測定機能付きトレッドミルを用いた立位・歩行時の足圧分析、第47回日本臨床神経生理学会学術大会、2017年11月29日-12月1日、パシフィコ横浜、横浜
稲葉俊東,島田佳明,志村秀樹,渡邉雅男,宮元伸和,田中亮太,卜部貴夫.レベチラセタムによる白質病変後の認知機能改善効果.第60回日本脳循環代謝学会学術集会,2017年11月3日、大阪
稲葉俊東,島田佳明,志村秀樹,渡邉雅男,宮元伸和,卜部貴夫.レベチラセタムによるハクシツ病変後の認知機能改善効果.第8回日本脳血管・認知症学会総会,2017年8月5日東京・虎ノ門
井下 強、荒野 拓、穂坂 有加、孟 紅蕊、梅崎 勇次郎、小杉 紗紀子、森本 高子、小池 正人、Chang Hui-Yun、今居 譲、服部 信孝: パーキンソン病原因遺伝子 Vps35はシナプス小胞再生関連遺伝子と協働して神経伝達を制御するConBio2017 ワークショップ(神経変性疾患への分子生物学的アプローチ)、2017年12月8日、神戸
井下 強、崔 長旭、荒野 拓、穂坂 有加、孟 紅蕊、梅崎 勇次郎、小杉 紗紀子、森本 高子、小池 正人、Chang Hui-Yun、今居 譲、服部 信孝.Vps35 in cooperation with LRRK2 regulates synaptic vesicle recycling through the endosomal pathway、第40回日本神経科学大会、2017年7月21日、千葉
今居 譲. パーキンソン病類縁疾患ペリー症候群ショウジョウバエモデルのシナプスの異常はTDP-43の減少で軽減される ConBio2017 ワークショップ(シナプス、軸索の変調から神経変性疾患を理解する)、2017年12月7日、神戸
今居 譲.パーキンソン病原因遺伝子CHCHD2の機能解析、カテコールアミンと神経疾患研究会2017 、品川プリンスホテル、2017年5月20日、東京
今居 譲.パーキンソン病原因遺伝子産物CHCHD2の生理的機能とその変異による病態への関与、第15回神経科学研究会、京橋、2017年10月7日、東京
岩室宏一、下 泰司、梅村 淳、中島明日香、大山彦光、城 崇之、関本智子、中村亮太、佐々木芙悠子、新井 一、服部信孝.パーキンソン病における筋強剛と大脳基底核のβオシレーションとの関係、第47回日本臨床神経生理学会学術大会、2017年11月29日-12月1日、パシフィコ横浜、横浜
岩室宏一、伊澤奈々、原 毅、新井一、藤原俊之、服部信孝.C3/4レベルの頚椎症性脊髄症に起因する手指巧緻運動障害の検討、第32回日本脊髄外科学会、2017年6月9日、大阪
岩室宏一、伊澤奈々、原 毅、中城博子、大山彦光、梅村淳、下泰司、新井一、藤原俊之、服部信孝.腰部脊柱管狭窄症に対する除圧術後にDBS刺激依存性有痛性筋痙攣を呈したパーキンソン病の一例、第11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス、2017年10月28日、東京
岩室宏一、川崎隆、上山勉、沖山亮一、谷口 真、横地房子.脳深部刺激電極留置術後の電極周囲脳浮腫の検討、第56回日本定位・機能神経外科学会、2017年1月28日、大阪
岩室宏一.基底核疾患に対する脳深部刺激療法30周年;求められる変革、第32回日本大脳基底核研究会、2017年7月2日、西尾
上野真一, 波田野琢, 王子 悠, 斉木臣二, 奥住文美, 池田均, 服部信孝.パーキンソン病における早期診断マーカーとしての酸化型・還元型アルブミン測定、第11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス、品川プリンスホテル、2017年10月26日~28日、東京
上野祐司、宮元伸和、山城一雄、田中亮太、黒木卓馬、平健一郎、栗田尚英、中島 翔、卜部貴夫、服部信孝.シンポジウム7 心房細動と脳卒中を考える:実臨床からみた非弁膜症性心房細動患者への抗凝固療法の選択、第42回日本脳卒中学会総会、2017年3月16日、大阪
上野祐司、卜部貴夫、服部信孝.シンポジウム3、脳梗塞診断、治療のトピックス:ESUSにおいて弓部大動脈粥腫は重要な塞栓源となりうる、第20回日本栓子検出と治療学会、2017年9月30日、東京
梅村 淳、中島 円、岩室宏一、三橋 匠、中城博子、大山彦光、下 泰司、服部信孝、新井 一.パーキンソン病におけるDBSデバイスの進歩に伴う刺激方法の変遷とデバイスの選択、第76回日本脳神経外科学会学術総会、2017年10月14日、名古屋
梅村 淳、中島 円、大山彦光、下 泰司、中島明日香、城崇之、関本智子、中村亮太、佐々木扶悠子、伊藤賢伸、岩室宏一、服部信孝、新井 一.パーキンソン病に対する淡蒼球内節刺激術後のすくみ足の悪化、第56回日本定位・機能神経外科学会、2017年1月27日、大阪
 ページの先頭へ


梅村 淳. 脳深部刺激療法におけるIPG交換術後のデバイストラブル、第56回日本定位・機能神経外科学会、2017年1月28日、大阪
卜部貴夫.イブニングセミナー1、Post Strokeの随伴症状の治療戦略と今後の展望、第60回日本脳循環代謝学会学術集会、2017年11月3日、大阪
卜部貴夫.シンポジウム5、血管性認知障害の分子病態と治療、虚血性白質損傷におけるCREBリン酸化に着目した防御戦略、第36回日本認知症学会総会、2017年11月24日、金沢
卜部貴夫.メディカルスタッフレクチャー8 脳梗塞の危険因子、最新の話題と管理について.第35回日本神経治療学会総会、2017年11月16日、大宮
卜部貴夫.ランチョンセミナー3、脳梗塞再発予防における有効で安全ない抗凝固療法を目指して、第20回日本栓子検出と治療学会、2017年10月12日、東京
太田成男、水素医学:基礎研究から臨床応用に向かって 第33回スパズム・シンポジウム Stroke2017(第42回日本脳卒中学会学術集会)、2017年3月16日、大阪
太田成男. ミトコンドリアからみた認知症予防 睡眠・認知症予防シンポジウム3・(睡眠からアプローチする)、2017年2月5日、名古屋
小川 崇、黒木卓馬、服部安莉、中島明日香、富施敦仁、江口博人、三輪英人、服部信孝.心筋症から全身筋力低下を来し、抗ミトコンドリア抗体が陽性であった一例、第223回日本神経学会関東・甲信越地方会、砂防会館、2017年12月2日、東京
小川 崇、正島由理、安藤真矢、大垣光太郎、野田和幸、大熊泰之.進行性非流暢性失語で発症したV180I変異を伴うCJDの79歳女性例、第221回日本神経学会関東・甲信越地方会、砂防会館、2017年6月3日、東京
奥住文美.alpha-synucleinは神経回路に沿って伝播する、第58回日本神経病理学会総会学術大会、学術総合センター、2017年6月2日、東京
奥住文美.マウス脳における脳梁離断を用いた線維状αsynucleinの伝播経路の検討、第11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス、品川プリンスホテルアネックスタワー、2017年10月26日、東京・品川
金井 数明、中里 朋子、下 泰司、大山 彦光、服部 信孝.抗MAG抗体陽性ニューロパチーの運動神経軸索特性、第47回日本臨床神経生理学会学術大会、2017年11月29日-12月1日、パシフィコ横浜、横浜
神山大樹、河村美巴子、横山和正、中村真一郎. 髄液MOG抗体陽性であった血清陰性視神経脊髄炎スペクトラム障害の26歳女性例、第222回日本神経学会関東・甲信越地方会、砂防会館、2017年9月2日、東京
加茂 晃、石黒雄太、小川 崇、正島由理、安藤真矢、大垣光太郎、野田和幸、大熊泰之.抗Gal-C抗体陽性で長大な脊髄病変を主徴とした31歳男性例、第220回日本神経学会関東・甲信越地方会、砂防会館、2017年3月4日、東京
栗田尚英、山城一雄、黒木卓馬、田中亮太、上野祐司、卜部貴夫、山城雄一郎、野本康二、松本 敬、高橋琢也、辻 浩和、朝原 崇、服部信孝.腸内細菌叢の異常に伴う高LPS血症は急性期脳梗塞の組織障害進展に関与する、第60回日本脳循環代謝学会、千里ライフセンター、2017年11月3日-4日、大阪
栗田尚英、山城一雄、田中亮太、上野祐司、山城雄一郎、野本康二、高橋琢也、辻浩和、朝原崇、服部信孝.糖尿病マウスにおける腸内細菌叢の異常と急性期脳梗塞巣の組織障害、第42回日本脳卒中学会学術集会、2017年3月16日、大阪
崔 長旭、井下 強、服部信孝、今居 譲.Genetic association study of Parkinson's disease-related genes that control synaptic vesicle dynamics第40回日本神経科学大会、2017年7月22日、千葉
櫻井麻由、上野真一、中村亮太、平野一興、穂坂有加、山下 力、富沢雄二、古川芳明.DAT-SPECTにて集積低下を認めたM232R Creutzfeldt-Jakob病の66歳女性例、第222回日本神経学会関東・甲信越地方会、砂防会館、2017年9月2日、東京
櫻井麻由、代田健祐、石黒雄太、須田晃充、上野祐司、高梨雅史、横山和正、服部信孝.両側後頭葉病変による視野狭窄を呈し、脳生検を施行したAcquired immune deficiency syndromeの37歳女性例、第223回日本神経学会関東・甲信越地方会、砂防会館、2017年12月2日、東京
佐藤栄人.Synuclein depositは細胞死の原因か -YES, Controversy 2, 講演、第11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス、品川プリンスホテル、2017年10月27日、東京
柴佳保里、井下 強、青木裕子、石濱 泰、今居 譲、服部信孝.PINK1-Parkinシグナル伝達に関与する新規分子の解析、ConBio2017、2017年12月6日、神戸
島田佳明、小山田知世、森 美紀子、渡邉雅男、志村秀樹、卜部貴夫.ステロイドが奏功したCerebral amyloid angiopathy related inflammationの2症例、第36回日本認知症学会総会、2017年11月24日、金沢
清水優子、藤原一男、大橋高志、中島一郎、横山和正、池口亮太郎、高橋利幸、三須建郎、清水 悟、青木正志、(和文症例報告)北川一夫.抗アクアポリン4抗体陽性視神経脊髄炎関連疾患患者の妊娠に関連した再発リスクの検討、東京女子医科大学、2017年4月、東京
志村秀樹、島田佳明、相場彩子、渡邉雅男、林 明人、服部信孝、卜部貴夫.29例のパーキンソン病患者に対する前向き152週間ロチゴチン貼付剤投与試験での短期的及び長期的効果、第35回日本神経治療学会総会、2017年11月17日、大宮
志村秀樹、島田佳明、相場彩子、渡邉雅男、林 明人、服部信孝、卜部貴夫.アセチルコリンエステラーゼ阻害剤単独療法とメマンチン併用療法の3年間の効果の検討、第36回日本知症学会総会、2017年11月25日、金沢
下中翔太郎、松本信英、本井ゆみ子、服部信孝.Tauopathy培養細胞モデルを用いたTauの凝集・伝播に関わるアミノ酸配列の同定、第36回日本認知症学会学術集会、2017年11月24日、金沢
陣内紀明.複視で発症した髄膜癌腫症の36歳女性例、日本神経学会東北地方会、2017年9月30日、盛岡
須藤 塁、厚澤雄二、服部俊治、水野一乘、中田智史、平澤恵理.脱細胞化マウス筋—関節系の作成、第49回日本結合組織学会、2017年6月16日、三重
 ページの先頭へ


関本智子、大山彦光、尾藤宏達、土屋 勝、佐々木芙由子、中村亮太、城 崇之、下 泰司、服部信孝.三次元解析装置を用いたパーキンソン病の歩容解析、第11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス、2017年10月26-28日、東京
代田健祐、竹重遥香、穂坂有加、平野一興、山下 力、山田大介、富沢雄二、古川芳明.片側myoclonic tremorで発症した神経梅毒の63歳男性例、第221回日本神経学会関東・甲信越地方会、砂防会館、2017年6月3日、東京
代田健祐、田中亮太、山城一雄、宮元伸和、野田和幸、島田佳明、上野祐司、大熊泰之、服部信孝、卜部貴夫.DPP-4阻害剤アログリプチンの脳梗塞再発予防効果に関する研究(J-SPIRIT2)、第42回日本脳卒中学会総会、2017年3月16日、大阪
代田健祐、林田有紗、安藤真矢、大垣光太郎、服部信孝、大熊泰之、野田和幸.過眠症を呈しモダフィニル,メチルフェニデートが奏功したNeuromyelitis Optica Spectrum Disordersの67歳女性例、第222回日本神経学会関東・甲信越地方会、砂防会館、2017年9月2日、東京
田中亮太、山城一雄、大山彦光、梅村 淳、下 泰司、服部信孝.口演、パーキンソン病におけるcerebral microbleeds(CMBs)と認知症の関係について、第60回日本脳循環代謝学会学術大会、2017年11月3日-4日、千里ライフセンター、大阪
田中亮太、宮崎彩記子、林 英守、田淵晴名、野尻宗子、卜部貴夫、服部信孝、宮内克己、代田浩之.心房細動治療の実態把握と予後調査のための患者登録研究~RAFFINE study~、第20回日本栓子検出と治療学会、2017年9月30日、東京
田中亮太. 口演、心房細動治療の実態把握と予後調査のための患者登録研究~RAFFINE study~、第42回日本脳卒中学会学術大会、大阪
田中亮太. 口演、脳ドックで異常を指摘されたらどうすればよいの?、第33回日本脳神経血管内治療学会市民公開講座、東京
谷口大祐、王子 悠、林田有紗、竹井 暖、廣瀬仁樹、西岡健弥、塩田智美、服部信孝. ペリー症候群様の臨床症状を呈しMAPT遺伝子変異を認めた37歳男性例、第220回日本神経学会関東・甲信越地方会、砂防会館、2017年3月4日、東京
谷 真美、伊澤奈々、羽鳥浩三、藤原俊之.ボツリヌス治療後HANDS therapyを施行し、上肢機能の改善を認めた小児脳卒中の一例、第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術大会、2017年10月28日、大阪
谷 もも、高野喜久雄、喜久雄、本井ゆみ子、服部信孝.「認知症経過中に解離性同一性障害の症状を呈した一例」第36回日本認知症学会学術集会、2017年11月24日、石川
富沢雄二、高梨雅史、古川芳明.精神症状と認知機能障害の病因としてargyrophilic grainの関与を考えたPNLAの一例、第36回日本認知症学会学術集会、石川県立音楽堂/ANAクラウンプラザホテル金沢、2017年11月24日、金沢
富田春菜、杉野佑子、伊澤奈々、藤原俊之.顔面と口腔内の感覚機能改善を重点に介入したFacial onset sensory and motor neuropathy (FOSMN)症候群の一例、第18回日本言語聴覚学会、2017年6月23日、松江
長岡正範、吉田 司、保苅吉秀、林 康子、伊澤奈々、羽鳥浩三.バランス練習アシスト(BEAR)の有効性-透析患者への利用、第54回日本リハビリテーション医学会学術集会、2017年6月8日、岡山
中里朋子、金井数明、西岡健弥、大山彦光、下 泰司、服部信孝.抗GAD抗体は運動神経軸索のBarrett-Barrett conductanceを増大させる、第47回日本臨床神経生理学会学術大会、2017年11月29日-12月1日、パシフィコ横浜、横浜
永島修子、吉田 司、川上陽子、阿瀬寛幸、北原エリ子、野上典子、伊澤奈々、窪田大介、高木辰哉、佐々木純、笹井啓資.多発骨病変を伴った成人T細胞白血病症例に対するリハビリテーションアプローチ、整形外科手術・放射線療法・化学療法を経て歩行獲得まで、第22回日本緩和医療学会学術大会、2017年6月23日、神戸
中田智史、町田修一、鈴木友子、平澤恵理.「nNOS局在変化を介した骨格筋萎縮における基底膜分子パールカンの役割」、第3回日本筋学会、 2017年8月4日、東京
野中里紗、石川景一、志賀孝宏、斉木臣二、岡野栄之、服部信孝、赤松和土.フィーダーフリー培養系iPS細胞を用いた中脳特異神経細胞分化誘導検討、第16回日本再生医療学会総会、2017年3月7-9日、仙台
服部安莉、小林愛美、西岡健弥、高梨雅史、横山和正、服部信孝.子宮体部神経内分泌癌に合併した抗NMDA受容体抗体陽性辺縁系脳炎の44歳女性例、第222回日本神経学会関東・甲信越地方会、砂防会館、2017年9月2日、東京
服部安莉、杉山瑞穂、安藤真矢、大垣光太郎、服部信孝、大熊泰之、野田和幸.Epstein-Barr virus罹患後急性散在性脳脊髄炎を発症した23歳男性例、第223回日本神経学会関東・甲信越地方会、砂防会館、2017年12月2日、東京
林 徹生、本井ゆみ子、服部信孝.MCI患者における介護負担を増加させる因子について、第36回日本認知症学会学術集会、2017年11月24日、金沢
林 康子、吉田 司、保苅吉秀、伊澤奈々、羽鳥浩三、長岡正範.バランス練習アシスト(BEAR)の有効性-KDQOL-SFTMによる評価 第54回日本リハビリテーション医学会学術集会、2017年6月8日、岡山
平 健一郎、上野祐司、黒木卓馬、島田佳明、山城一雄、田中亮太、卜部貴夫、服部信孝.脳虚血後の軸索再生とSemaphorin 3Aの発現に関する検討、第42回日本脳卒中学会総会、2017年3月16日、大阪
平林洸紀、渡邉雅男、小林愛美、山下 力、島田佳明、小林智則、志村秀樹、卜部貴夫.低Na血症補正後にパーキンソニズムを来し、ダットスキャンで経過を追跡しえた56歳女性例、第220回日本神経学会関東・甲信越地方会、砂防会館、2017年3月4日、東京
廣瀬仁樹、王子 悠、波田野琢、林田有紗、須田晃充、服部信孝.両側視床病変を呈したゴーシェ病3型の19歳男性例、第221回日本神経学会関東・甲信越地方会、砂防会館、2017年6月3日、東京
符 莉、島田佳明、椎名健太、松島隆史、渡邉雅男、小林智則、志村秀樹、卜部貴夫.内頚動脈海綿静脈洞瘻の症状を呈し特発性眼窩炎と診断された1例、第222回日本神経学会関東・甲信越地方会、砂防会館、2017年9月2日、東京
福嶋佳保里. PINK1-Parkinシグナル伝達に関与する新規分子の解析、2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)、神戸国際会議場・2017年12月6日、神戸
福原武志、服部信孝.脳神経系への薬物送達を指向した機能性抗体の探索、第40回日本神経科学大会、2017年7月22日、千葉
福原武志、服部信孝.血管内皮細胞を標的化するCD321イムノトキシンによる新たな機能の解析、第25回日本血管生物医学会、2017年12月10日、大阪
 ページの先頭へ


古口徳雄、涌井健治、卜部貴夫、菅 貞郎、小林士郎.平成28年診療報酬改定後の脳卒中地域連携パス~千葉県における影響と対応~.第42回日本脳卒中学会総会、2017年3月17日、大阪
穂坂有加.Reduced TDP-43 Expression Improves Neuronal Activities in a Drosohila Model of Perry Syndrome Perry症候群班会議、福岡大学、2017年12月15日、福岡
星野泰延、能登大介、横山和正、コッス・ダビデ、服部信孝、三宅幸子.MS・NMO2 多発性硬化症・視神経脊髄炎患者の末梢血における骨髄系細胞の解析、第29回日本神経免疫学会、札幌教育文化会館、2017年10月6-7日、札幌
宮元伸和、Pham Loc-Duyen D.、眞木 崇州、田中 亮太、卜部 貴夫、Lo Eng H.、荒井 健、服部 信孝.マウス慢性脳虚血モデル初期のBBB破綻に対する酸化ストレス抑制効果の検討、第60回日本脳循環代謝学会、2017年11月3日-4日、千里ライフセンター、大阪
宮元伸和、眞木崇州、サオ ジヘイ、田中亮太、ジエルマン アイリン、ロー エング、荒井 建、卜部貴夫、服部信孝.オリゴデンドロサイト新生に対するAKAP12の重要性.第42回日本脳卒中学会総会、2017年3月16日 、大阪
目崎直実、三浦 健、大垣光太郎 、江里口誠、水野裕理、小松研一、山﨑博輝、小野南月、河尻澄宏、山崎 亮、野崎洋明、春日健作、大熊泰之、吉良潤一、原 英夫、小野寺理、池内 健.LaminB1関連常染色体優性遺伝性白質脳症:遺伝子変異と臨床的特徴.第36回日本認知症学会学術集会、 2017年11月24日、金沢
森 聡生、波田野琢、服部信孝.PLA2G6変異により脳脂質構成異常を起こし、α-シヌクレイン凝集を加速させる、第11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス、品川プリンスホテル、2017年10月26日~28日、東京都品川区
森美紀子、島田佳明、渡邉雅男、小林智則、志村秀樹、卜部貴夫.脳脊髄液中アミロイドβ1-40が高値であったCereberal Amyloid Angiopathy related Inflamationの一例、第221回日本神経学会関東・甲信越地方会、砂防会館、2017年6月3日、東京
山下晴世、饗庭三代治、谷 真美、伊澤奈々、羽鳥浩三、藤原俊之.パーキンソン病患者のADL構造分析 第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術大会、2017年10月28日、大阪
山城一雄、田中亮太、上野祐司、宮元伸和、平健一郎、栗田尚英、中島 翔、服部信孝.心房細動を伴う虚血性脳卒中患者の重症度と発症前抗凝固療法との関連、第20回日本栓子検出と治療学会、2017年9月30日、東京
山田大介、代田健祐、中村亮太、星野泰延、中島明日香、宇佐美由希子、富沢雄二、古川芳明.著明な左右差をもってDopamine Transporter SPECTの集積低下を呈し、後にパーキンソニズムを認めた意味性認知症の症例、第220回日本神経学会関東・甲信越地方会、砂防会館、2017年3月4日、東京
横山和正、中原 仁、鬼塚康弘、平松且稔、長谷昌知、Jang Yun、Yan Ling、鳥居慎一.APEX研究におけるfingolimod療法を受けた日本人MS患者におけるフマル酸ジメチル療法の有効性と安全性(Efficacy and Safety of Dimethyl Fumarate in fingolimod-treated Japanese MS Patients in APEX)(英語)、第29回日本神経免疫学会、札幌教育文化会館、2017年10月6-7日、札幌
横山和正、佐藤竜介、牧岡大器、飯塚幸彦、長谷昌知、Yan Ling、鳥居慎一、齋田孝彦.Natalizumab処置患者におけるARR 市場流通後調査の中間結果(ARR in Natalizumab treated patients: Interim results from post-marketing surveillance)、第29回日本神経免疫学会、札幌教育文化会館、2017年10月6-7日、札幌
吉村祐輔、曺 叡智、鈴木佑治、オーレリアン・ケレベール・平澤(有川)恵理.脱細胞脳組織におけるニューロスフィア培養—細胞外マトリックスが加齢性の神経新生減弱に果たす役割の解明を目指して、第49回日本結合組織学会、2017年6月16日、三重
頼高朝子、阿部隆志、大塚千久美、前田哲也、平山正昭、渡辺宏久、斎木英資、 大山彦光、深江治郎、下泰司、波田野琢、河尻澄宏、大熊泰之、町田裕、三輪英人、鈴木智香子、風間明日香、冨山誠彦、木原武士、平澤基之、志村秀樹、小田英世、伊藤美佳子、大野欽司、服部信孝.パーキンソン病に対する水素水の多施設共同二重盲検無作為化試験.第7回分子状水素医学生物学会、2017年10月29~30日、名古屋
頼高朝子、阿部隆志、大塚千久美、前田哲也、平山正昭、渡辺宏久、斎木英資、大山彦光、深江治郎、下 泰司、波田野琢、河尻澄宏、大熊泰之、町田 裕、三輪英人、鈴木智香子、風間明日香、冨山誠彦、木原武士、平澤基之、志村秀樹、小田英世、服部信孝.パーキンソン病に対する水素水の多施設共同二重盲検無作為化試験、第11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス、2017年10月26~28日、東京
 ページの先頭へ


 
  学校法人順天堂医学部医学部神経学講座大学院医学研究科順天堂医院附属病院マップEnglish  
 
Copyrght(C) 順天堂大学医学部附属順天堂医院 All rights reserved. Produced by FARO