順天堂大学脳神経内科

順天堂医院脳神経内科では入局希望医師(研修医)、治験希望患者さんを募集しております


Powered by Google
〒113-8431 東京都文京区本郷3-1-3 TEL03-3813-3111(大代表)
  研修医・学生の方へ治験希望の方へ学会活動在宅医療について関連病院一括同窓会
  学会活動  
各種報告・発表・著書等の紹介
教室への主な訪問者 医師会・保健所活動への協力
原著・症例報告 著書・総説
学会発表
講演 その他発表

学会発表 【順天堂医院 脳神経内科】

 
Funayama M, Li Y, Yoshino H, Tsoi TH, Lam CW, Ohi T, Uyama E, Imamichi Y, Takashima H, Mizuno Y, Hattori N. Familial Parkinsonism with double mutations of Parkin and PINK1. 11th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, Istanbul, Turkey, June 3-7, 2007
Funayama M. Mitochondrial dysfunctions in Parkinson disease; Evidence from human genetics and animal models. J-F mit, Tampere, Finland, 22 October 2007
Funayama M, Ohashi S, Yamamoto S, Ichikawa N, Hatano T, Arikawa-Hirasawa E, Mizuno Y
Funayama M. NDUFV2 and Parkinson's Disease. Scandomit 2007, Murikka, Finland, 23-25 October 2007
Hayashi K Yukiko.: Clinical and molecular analyses of nuclear envelopathy. 第71回日本循環器学会総会・学術集会, 神戸, 3.16, 2007
Hayashi K. Yukiko: Nuclear abnormalities in nuclear envelopathy. 7th Japanese-French Workshop. “Development of Molecular Therapy toward Muscular Dystrophy”. Kanagawa, 8-9, June 2007
Hayashi K. Yukiko: Alpha-dystroglycanopathy. Symposium 1: Congenital Muscular Dystrophy. 6th Asian and Oceanian Myology Centre (AOMC) Society Meeting and Neuroscience 2007 Penang, Malaysia. 21-23, June 2007
Hayashi K. Yukiko, Astejada N. Mina, Park Young-Eun, Goto Kanako, Noguchi Satoru, Nonaka Ikuya, Nishino Ichizo. Nuclear Changes in Muscular Dystrophy Associated with Nuclear Envelopathy. The 12th International World Muscle Society Congress. GIARDINI NAXOS, Italy. 17-20, Oct 2007
Mitsui J, Takahashi Y, Tomiyama H, Yoshino H, Goto J, Mizuno Y, Hattori N, Tsuji S. Comprehensive analysis of breakpoints of PARK2 rearrangements in patients with autosomal recessive juvenile parkinsonism (AR-JP) employing a high-density tiling array-based comparative genomic hybridization (array-CGH) system. 2007 American Society of Human Genetics. San Diego, October 24, 2007
Miyamoto N, Ueno Y, Zhang N, Tanaka R, Takao U. Oligodendrogenesis after chronic cerebral hypoperfusionsin rats. The XXIII th International Symposium on Cerebral Blood Flow and Metabolism, Osaka, May 20-24. Japan. 2007
Miyamoto N, Ueno Y, Zhang N, Tanaka R, Takao U. Oligodendrogenesis after chronic cerebral hypoperfusionsin rats. The 2nd meeting of Asian stroke forum, Kyoto, Sep 27-28. Japan. 2007
Momo Fukuda-Tani, MD, Toru Yasuda, PhD, Hideki Mochizuki, MD, PhD and Yoshikuni Mizuno, MD, PhD.α-synuclein-overexpressing neurosphere as an in vitro model of alpha-synucleinopathies The Movement Disorder Society's 11th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders,Turkey,June4-6,2007
Momo Fukuda-Tani, Toru Yasuda, Yoshikuni Mizuno, and Hideki Mochizuki.α-synuclein overexpressed neurosphere as in vitro model of Parkinson's disease. Japan Society of Gene Therapy ・The 13th Annual Meeting 2007,Nagoya,June 28-30, 2007
Momo Tani, Tomoko Nihira,Hideki Hayakawa,Toru Yasuda, Hattori Nobutaka,Yoshikuni Mizuno,Hideki Mochizuki.α-synuclein over-expressed neurosphere as in vitro model of Parkinson's disease International Symposium on Dopaminergic and Nondopaminergic Mechanisms in Parkinson's Disease,Osaka,November 23-34,2007
Mori A, Wada D, Kurihara N, Nakai M, Hattori N. Biochemical and behavioral analyses of NDUFV2+/- mice, for generation of Parkinson disease model. Scandomit 2007, Murikka, Finland, 23-25 October 2007
Ning Zhang, Terubumi Watanabe, Nobukazu Miyamoto, Yoshikuni Mizuno, Nobutaka Hattori, Takao Urabe. Cilostazol Maintains Dopamine and Substance P levels and Improves Swallowing Reflex in a Rat Chronic Cerebral Hypo-perfusion Model. 23rd International Symposium on Cerebral Blood Flow, Metabolism & Function (Brain'07) and the 8th International Conference on Quantification of Brain Function with PET (BrainPET’07), Osaka, Japan, May 20-24, 2007
Ichikawa N, Iwabuchi K, Kurikara H, Hozumi K, Yamada Y, Arikawa-Hirasawa E. Laminin-1 directly binds GM1 in lipid rafts to activate cellular signaling to promote neurite outgrowth 第39回日本結合組織学会学術大会、第54回マトリックス研究会大会合同学術集会 平成19年5月9-11日北トピア、東京
Ichikawa N, Iwabuchi K, Kurikara H, Hozumi K, Yamada Y, Arikawa-Hirasawa E. Ganglioside GM1 is essential for laminin-1-induced neurite outgrowth 7th Pan-Pacific Connective Tissue Societies Cairns Australia Oct.28 - Nov 1 2007
Okuma Y, Hirayama T, Fukae J, Noda K, Fujishima K, Hattori N. Adult-onset Alexander disease with palatal tremor and intraventricular tumor. The 11th International congress of Parkinson's disease and movement disorders. June 3-7, Istanbul
Okuma Y, Hirayama T, Fukae J, Noda K, Fujishima K, Hattori N. Adult Alexander disease with palatal tremor. 1st Asian and Oceanian Parkinson's disease and movement disorders congress. October 20-22, Singapore
Shimo Y, Kitahara E, Hattori N. Improvement of visuomotor sequence learning performance after deep brain stimulation of the subthalamic nucleus for Parkinson's disease. Society For Neuroscience, San Diego, USA, November 3-7, 2007
Tomiyama H, Funayama M, Li Y, Kubo S, Mizuno Y, Hattori N. An LRRK2 G2385R polymorphism is a risk factor of sporadic Parkinson's disease in Asian population. 1st AOPMC. Singapore, October 21, 2007
Tomiyama H, Takahashi Y, Hiroyo Y, Funayama M, Seki N, Takahashi H, Murata M, Toda T, Yamamoto M, Goto J, Mizuno Y, Hattori N, Tsuji S. LRRK2 in autosomal dominant Parkinson's disease. International Symposium on Dopaminergic and Nondopaminergic Mechanisms in Parkinson's Disease (INPD). Osaka, November 23, 2007
Tomizawa Y, Yokoyama K, Hattori N, Movement disorders in MS/NMO 23rd Congress of the European Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis 12th Annual Conference of Rehabilitation in MS Prague, Cz October 11-14 2007
Ueno Y, Zhang N, Miyamoto N, Tanaka R, Tanaka Y, Hattori N, Urabe T. Edaravone may protect white matter disorders in a rat model of chronic brain hypoperfusion. The 23rd International symposium of cerebral blood flow, metabolism, & function, Osaka, May 20-24, 2007
UenoY, Zhang N, Miyamoto N, Tanaka R, Tanaka Y, Hattori N, Urabe T. Edaravone may protect white matter disorders in a rat model of chronic brain hypoperfusion. The 2nd meeting of Asian Stroke Forum, Kyoto, September 27-28, 2007
Urabe T, Watanabe T, Zhang Ning, Miyamoto N, Ueno Y, Tanaka T, Hattori N. Cilostazol provides protection against cerebral hypoperfusion-induced cognitive impairment and white matter damage in rat. The 23rd International Symposium on Cerebral Blood Flow, Metabolism and Function. Osaka. 5月20-24日,2007
Yokoyama K. Fifth MS Forum Pan Asian Conference,Taiwan,2007.11~2007.11.T1-weighted image in Japanese MS/NMO .第19回日本免疫学会学術集会
 ページの先頭へ

Yasuda T, Wada K, Mizuno Y, Mochizuki H. Effect of UCH-L1 protein on the dopaminergic neurotoxicity of accumulated alpha-synuclein protein in vivo. 5th International Parkinson's disease Symposium in Takamatsu, Takamatsu, April 12-14, 2007
Yasuda T, Wada K, Hattori N, Mizuno Y, Mochizuki H. Effect of UCH-L1 protein on the dopaminergic neurotoxicity of accumulated alpha-synuclein protein in vivo. 11th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, Istanbul, Turkey, June 3-7, 2007
Yasuda T, Wada K, Hattori N, Mizuno Y, Mochizuki H. Effect of UCH-L1 protein on the alpha-synuclein-induced dopaminergic neurodegeneration in a mouse model of Parkinson's disease. 第13回日本遺伝子治療学会,名古屋,6月28-30日,2007
Yasuda T, Inoue K, Yamazaki Y, Nihira T, Takada M, Shimada T, Mochizuki H, Mizuno Y. Advances in parkin gene therapy -a primate study-. Neuro2007,横浜,9月10-12日,2007
Yasuda T, Wada K, Hattori N, Mizuno Y, Mochizuki H. Effect of UCH-L1 protein on the dopaminergic neurotoxicity of accumulated alpha-synuclein protein in mice -A functional interaction between -synuclein and UCH-L1 proteins in vivo-. 第1回Movement Disorder Society, Japan学術集会,東京,10月4-6日,2007
Yasuda T, Wada K, Hattori N, Mizuno Y, Mochizuki H. Effect of UCH-L1 on the alpha-synuclein-induced dopaminergic neurodegeneration in vivo. Neuroscience 2007, San Diego, California, November 3-7, 2007
Yoshimi K, Suzuki A, Oyama G, Kagohashi M, Hattori N, Nakazato T, Einaga Y, Kitazawa S Diamond electrode for in vivo dopamine detection in the brain:ダイアモンド. 電極による脳内ドパミン測定. Neuro2007(神経科学会・神経化学会合同学会),横浜,9月11日,2007
Yoshimi K, Suzuki A, Oyama G, Kagohashi M, Hattori N, Nakazato T, Einaga Y, Kitazawa S Diamond microelectrodes for in vivo dopamine detection 37th Annual Meeting of the Society For Neuroscience (SFN), San Diego, Nov 3-7, 2007
Zhang N, Watanabe T, Miyamoto N, Mizuno Y, Hattori N, Urabe T. Cilostazol Maintains Dopamine and Substance P levels and Improves Swallowing Reflex in a Rat Chronic Cerebral Hypo-perfusion Model. 23rd International Symposium on Cerebral Blood Flow, Metabolism & Function (Brain’07) and the 8th International Conference on Quantification of Brain Function with PET (BrainPET’07), Osaka, Japan, May 20-24, 2007
大垣 光太郎、高梨 雅史、本井 ゆみ子、横山 和正、服部 信孝.若年発症でPSP様症状を呈したFTDP-17の孤発例.順天堂大学 脳神経内科.181回 日本神経学会関東地方会 6月2日東京
伊澤奈々、西川奈津子、沖山亮一、横地房子。両側淡蒼球刺激術治療中に認めたジストニアの再現 -DYT1による全身性ジストニア例における検討-。ジストニア班会議。1月20日、2007
伊澤奈々、西川奈津子、沖山亮一、横地房子。パーキンソン病患者の睡眠に対する視床下核脳深部刺激療法の影響。神経総会。5月17日、2007
伊澤奈々、西川奈津子、沖山亮一、横地房子、辛正廣、寺尾亨、川崎隆、谷口真、高橋宏。遅発性ジストニアに対するpallidotomy・pallidal DBSの効果。第24回関東機能的脳外科カンファレンス。4月7日。第28回多摩パーキンソン病懇話会。7月14日、2007
伊澤奈々、沖山亮一、横地房子。一次性ジストニア(DYT1)に対するカフェインの影響。第1回MDSJ。10/5
伊澤奈々、西川奈津子、沖山亮一、横地房子、谷口真、今泉陽一、湯山隆次。シャント不全に合併したglobal mesencephalon dysfunctionの1例。三多摩神経懇話会。東京。4月21日。順天堂脳神経内科同窓会。10月13日、2007
石垣泰則、松山真由美、杉山晃子、梁広石、長岡正範.通院リハビリテーションで復職するまでの過程-脳卒中患者2例の経験を通して-.第44回日本リハビリテーション医学会学術集会、神戸6月6-8日、2007
伊藤智康、大泉英樹、小林洋和、中野光子、田中茂樹: 両側尾状核及びその近傍の脳血管障害にて高次機能が引き起こされた66歳男性例.第181回日本神経学会関東地方会:東京 6.2.2007
伊藤智康、大泉英樹、小林洋和、中野光子、田中茂樹.Strategic infarctionによりパーキンソニズム、無為、思考緩慢を来たした症例についての検討。第一回MDSJ。品川。10.5.2007
上野祐司,田中康貴,宮元伸和,田中亮太,卜部貴夫,服部信孝.当院での経食道心エコーによる脳梗塞患者の塞栓源診断.第48回日本神経学会総会,名古屋,5月16日‐18日,2007
上野祐司,田中亮太,宮元伸和,田中康貴,服部信孝,卜部貴夫.脳白質病変とPFOの関連性が示唆された3症例.第10回日本栓子検出と治療学会.東京,11月17日‐18日,2007
卜部貴夫,張 寧,田中亮太,上野祐司,宮元伸和,服部信孝.New strategy of brain protection against oxidative stress in ischemia-induced injury.第32回日本微小循環学会総会 シンポジウム「フリーラジカルと微小循環」,京都,2月24日,2007
卜部貴夫,田中亮太,山城一雄,上野祐司,宮元伸和,田中康貴,服部信孝.脳卒中における糖代謝異常に対するインスリン抵抗性改善薬の治療効果の検討.第32回日本脳卒中学会総会 福岡,3月22日-23日,2007
卜部貴夫,張 寧,田中亮太,上野祐司,宮元伸和,服部信孝.慢性脳低灌流モデルにおけるドパミン合成に対するシロスタゾール治療効果.第48回日本神経学会総会,名古屋,5月16日~18日,2007
卜部貴夫.内科的脳梗塞治療選択 ランチョンセミナー23「脳梗塞 治療と予防のストラテジー」.第66回日本脳神経外科学会総会,東京,10月5日,2007
卜部貴夫.脳卒中を防ごう・治そう 市民公開講座「血液さらさらと食事」.第10回日本栓子検出と治療学会,東京,11月17-18日,2007
大泉英樹、田中茂樹、水野美邦、望月秀樹:MPTP投与パーキンソン病(PD)モデルにおけるsubventricular zone (SVZ)の解析。第一回MDSJ。品川。10.5.2007
大垣光太郎,深江治郎,野田和幸,藤島健次,大熊泰之.クリオグロブリン血症とレニン高値を伴い,脳幹型高血圧性脳症と考えられた49歳女性例.第182回日本神経学会関東地方会,東京,9月1日,2007
大熊泰之,水野美邦.パーキンソン病に対するドパミンアゴニスト2剤併用療法の検討.第48回日本神経学会総会,名古屋,5月, 2007
 ページの先頭へ

太田 聡、土谷邦秋.特発性小脳皮質変性症の病変分布には多様性がある ―4剖検例の検討―.第48回 神経学会総会 2007.5.18
太田 聡、土谷邦秋、安野みどり、秋山治彦.再発性無菌性髄膜炎(Mollaret髄膜炎)の1剖検例.An autopsy case of recurrent aseptic meningitis(Mollaret's meningitis) .第48回 神経病理研究会 2007年5月 東京
大山彦光,吉見建二,籠橋麻紀,中里泰三,北澤茂,服部信孝.In vivo voltammetry法によるマウス線条体細胞外ドパミン高速測定系の確立.第48回日本神経学会総会,名古屋,5月16日~18日, 2007
鏡原康裕、筧 慎治、李 錘昊.手首運動を利用した定量的随意運動機能検査システムの構築.第37回日本臨床神経生理学会・学術大会 平成19年11月22日 宇都宮
梶奈美子、野原千洋子、海山智九、井田正博、横地正之.臨床症状と一致したMRI所見を呈したGradenigo症候群の34歳女性例.第180回日本神経学会関東地方会 H19年3月3日 東京・都市センター
金井数明,朝比奈正人,内山智之,白井和佳子,関口縁,Ning Yuping,富山弘幸,舩山学,新井公人,桑原聡,服部信孝,服部孝道.顔面や上肢などにfine jerky movementを認め,認知障害や錐体路症状などを伴った若年性パーキンソン症候群の43歳女性.第34回千葉神経内科ビデオフォーラム.千葉, 4月19日, 2007
金井数明, 朝比奈正人, 内山智之, 白井和佳子, 関口緑, Ning Yu Ping, 富山弘幸, 舩山学, 新井公人, 桑原聡. ATP13A2のhomozygous misssense mutationを伴ったPARK9症例の臨床像. 第1回 Movement Disorder Society, Japan 学術集会, 東京, 10月4-6日, 2007
神谷敏夫、中田裕康、西克典、益子高. Characterization of single-chain heterodimer of G-protein-coupled receptors for adenosine and dopamine: Adenosine A2A and dopamine D2 receptors, and CD98. 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会、 横浜, 12月11-15日、2007
北見真喜子,中村範行,田久保秀樹. 上肢に異常運動を呈し,MRIにて左頭頂葉萎縮及び両側中心溝周囲に特異な所見を認めた71歳女性例. 第180回日本神経学会関東地方会、東京、3月3日、2007
北見真喜子,中村範行,田久保秀樹.右上肢に異常運動を呈し、MRIにて左頭頂葉萎縮及び両側中心溝周囲に特異な所見を認めた71歳女性例.第180回関東地方会 順天堂東京江東高齢者医療センター 脳神経内科
佐々木久実、頼高朝子、難波由喜子、渡邊照文、田中茂樹、近藤聡英: EBウイルス感染に伴う脳脊髄炎を発症した53歳男性例. 第182回日本神経学会関東地方会:9.1.2007
佐々木久実、頼高朝子、田中茂樹、山田至康.インフルエンザ脳症が示唆された脳症を繰り返し死亡した成人男性の1例.第12回日本神経感染症学会総会October,12-13, 2007 福岡
佐藤健一,舩山学,李元哲,富山弘幸,吉野浩代,今道洋子,山本光利 ,村田美穂,戸田達史,水野美邦,服部信孝.LRRK2 Gly2385Argはアジア人の孤発性パーキンソン病の危険因子である 第48回日本神経学会総会 名古屋 5月16日―18日, 2007
下 泰司,大山彦光,北原エリ子,中島 円,服部信孝.パーキンソン病脳深部刺激術施行令における課題遂行機能の評価 第48回日本神経学会総会,名古屋,5月16-18日,2007
下 泰司 パーキンソン病における視床下核の役割と薬物治療 薬物治療と機能外科の融合PD シンポジウム 東京 7月14日
下 泰司 どうする パーキンソン病の治療ーお薬と手術療法 手術療法ー深部脳刺激療法 (DBS)につい. 第3回 患者さんとご家族・介護者のためのパーキンソン病教室 順天堂越谷病院 12月7日
関尚美,富山弘幸,舩山学,高橋祐二,村田美穂,山本光利,戸田達史,後藤順,水野美邦,服部信孝,辻省次. 日本人の常染色体優性遺伝性パーキンソン病におけるLRRK2のG2385R多型頻度. 第48回日本神経学会総会, 名古屋, 5月16-18日, 2007
関尚美、富山弘幸、舩山学、高橋祐二、村田美穂、山本光利、戸田達史、後藤順、水野美邦、服部信孝、辻省次.日本人の常染色体優性遺伝性パーキンソン病におけるLRRK2のG2385R多型頻度.日本人類遺伝学会第52回大会.東京,9月17日,2007
高橋祐二,石浦浩之,関尚美,富山弘幸,松川敬志,岸野敦志,服部信孝,後藤順,辻省次.DNAマイクロアレイを用いたハイスループット遺伝子解析システムによる遺伝子診断.日本神経学会総会. 東京, 5月17日, 2007
田中茂樹、宮下暢夫、頼高朝子、中村則行、小林智則、山川一夫、大泉英樹. 本態性振戦におけるパーキンソニズムの合併―探索的予報. 第一回MDSJ. 品川. 10.5.2007
谷 もも、安田 徹、和田 圭一郎、仁平 友子、望月 秀樹、水野 美邦.パーキンソン病におけるVEGFとPEDFの相関関係.第48回日本神経学会総会,名古屋,5月16~18日,2007年
谷 もも,仁平 友子,早川 英規,安田 徹,服部 信孝,水野 美邦,望月 秀樹.改変型レトロウイルスベクターを用いたalpha-synuclein過剰発現神経幹細胞の作成.Movement Disorder Society,Japan, Tokyo,October 4-6,2007
富沢雄二, 深江治郎, 野田和幸, 藤島健次, 大熊泰之  Long spinal cord lesionを有しSjögren症候群の診断基準を満たした2症例 第181回日本神経学会関東地方会 東京 6月2日 2007
富沢雄二、横山和正、服部信孝  帯状疱疹後視力低下、脊髄症状を呈した重症筋無力症の一例  第19回日本神経免疫学会学術集会 金沢 4月12-13日 2007
富沢雄二、横山和正、服部信孝  Movement disorders in MS/NMO  第1回 Movement Disorder Society, Japan 学術集会 東京 10月4-6 2007
富山弘幸,関尚美,高橋祐二,高橋裕秀,村田美穂,山本光利,戸田達史,後藤順,水野美邦,服部信孝,辻省次.マイクロアレイを用いた常染色体優性遺伝性パーキンソン病におけるLRRK2変異解析.日本神経学会総会. 東京, 5月17日, 2007
富山弘幸,関尚美,高橋祐二,高橋裕秀,村田美穂,山本光利,戸田達史,後藤順,水野美邦,服部信孝,辻省次. DNAマイクロアレイを応用した常染色体優性遺伝性パーキンソン病におけるLRRK2変異解析.2007 Movement Disorders Society of Japan (MDSJ). Tokyo, October 6, 2007
中村 真一郎,高田 由希子,下 泰司,服部 信孝.顔の形態認知異常に関する検討 第49回日本神経学会総会,5月15-17,名古屋,2007
中村範行, 北見真喜子, 田久保秀樹. 当センターにおける認知症を伴うパーキンソン病患者の検討. 日本神経学会総会, 名古屋, 5月15日, 2007
中村範行, 北見真喜子, 田久保秀樹. 当センターにおけるラクナ梗塞患者の検討. 日本老年学会総会, 札幌, 6月18日, 2007
中村範行、北見真喜子、田久保秀樹. バルプロ酸によると思われる好酸性胸水の一例第41回日本てんかん学会総会、福岡、11月1日、2007
中島 円、下 泰司、石井 尚人、新井 一: パーキンソン病患者に対する脳深部刺激療法周術期「ボタン押しタスク」による機能評価. 第15回 J・K・Wフォーラム,東京,9月22日,2007
中島 円、下 泰司、石井 尚人、新井 一: パーキンソン病患者に対する脳深部刺激療法周術期「ボタン押しタスク」による補足運動野の機能評価.第66日本脳神経外科総会 10月3‐6日,2007
名取 司保子,大山彦光,北原 エリ子,中島 円,下 泰司,服部信孝. パーキンソン病脳深部刺激術施行例における課題遂行機能の評価Movement disorder society, Japan, 東京, 10月4日~6日, 2007年
二木 隆、今井壽正:神経内科的な診断を要しためまい患者の特徴について.第25回江戸川医学会、東京、11月11日、2007
西克典、高田昌彦、岡戸晴生、三輪昭子. カルビンディン遺伝子導入はMPP+による培養黒質ドーパミンニューロンの脱落を阻止する. 第48回日本神経学会総会, 名古屋、5月16-18日, 2007
西克典、不破達. 線条体6-ヒドロキシドパミン(6-OHDA)投与ラット黒質の長期観察. 第一回Movement Disorder Society, Japan 学術集会, 東京, 10月4-6日、2007
 ページの先頭へ

西川奈津子、伊澤奈々、沖山亮一、横地房子、寺尾亨、川崎隆、谷口真、高橋 宏.Thalamotomy,視床VimDBSでそれぞれ一過性に振戦が消失し,その後再現を繰り返す難治性振戦の一例.第46回日本定位・機能神経外科学会、福岡、1月26-27日、2007
西川奈津子、伊澤奈々、沖山亮一、横地房子、吉村菜穂子、河村満.パーキンソン病の感情認知に対する視床下核脳深部刺激療法の影響.第48回日本神経学会総会、名古屋、5月16-18日、2007
西川奈津子、伊澤奈々、沖山亮一、横地房子.経過20年の姿勢時振戦でL-dopaが有効であった1例.多摩パーキンソン病フォーラム、3月2日、2007
西川奈津子、坂東充秋、林雅晴、望月葉子、澁谷誠、宮本和人、石原彰人、水谷俊雄.原発巣不明で、腫瘤を形成せず中枢神経内に浸潤したB細胞性悪性リンパ腫の1例.第86回関東臨床神経病理懇話会、3月17日、2007
野原千洋子、横地正之.臨床調査個人票からみた慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)の臨床検討.第19回神経免疫学会 H19年4月12-13日 金澤
野原千洋子、横地正之.臨床調査個人票からみた慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)の臨床検討.第48回日本神経学会総会 H19年5月16-18日 名古屋国際会議場
野原千洋子、向平暁子、大橋元一郎、横地正之.変動する嚥下障害と舌萎縮を呈した51歳男性例.第182回日本神経学会関東地方会 H19年9月1日 東京・都市センター
服部信孝.遺伝性パーキンソン病の発症メカニズム.「病態脳」平成19年度夏の班会議.2007年8月21日,札幌
服部優子、服部達哉.パーキンソン病に対する音楽療法―第5報―非運動症状に対する効果―.第48回日本神経学会.名古屋.5月16-18日.2007
林 由起子:FKTN変異による家族性拡張型心筋症.平成18年度東京医科歯科大学難治疾患研究所病態発現機構客員研究部門 研究発表会、東京、3.22, 2007
林 由起子,アステハーダ ミーナ,後藤加奈子,埜中征哉,西野一三:PZ-207核膜関連筋疾患における核の異常についての検討.第48回 日本神経学会総会 名古屋, 5.16-18, 2007
林 由起子,後藤加奈子,南 成祐,埜中征哉,西野一三.本邦における肢帯型筋ジストロフィーの病型頻度とその特徴.厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「筋ジストロフィーおよびその関連する疾患の病態生理の解明と治療薬物の開発に関する研究」平成19年度「清水班」班会議,東京,12月7-8日,2007
平澤恵理、林明人 、二木啓 、家崎貴文 、服部信孝. Schwartz-Jampel症候群モデルマウスを用いたパールカンと筋収縮機構 の研究. 第48回日本神経学会総会 平成19年 5月17-19日名古屋
平澤恵理. 筋の収縮、維持機構におけるパールカンの働き 文部科学省特定領域「細胞外環境」. 平成19年7月18-19日 京都国際会議場 京都
平澤恵理. 細胞外マトリックス分子と筋疾患-マウスモデルを使ったSchwartz-Jampel症候群(SJS)の病態解明 厚生労働省清水班班会議平成19年12月7-8日年センターホール東京
平山 喬,深江治郎,野田和幸,藤島健次,大熊泰之.脳室内腫瘍を併発したGFAP遺伝子異常を伴う成人型Alexander病の33歳女性例.第180回日本神経学会関東地方会,東京,3月3日,2007
平山 喬,深江治郎,野田和幸,藤島健次,大熊泰之.胃切除術40年後にWernicke脳症を発症した85歳男性例.第183回日本神経学会関東地方会,東京,12月1日,2007
布施木景子,森秀生,服部信孝,水野美邦.パーキンソン病における行動異常.第1回Movement Disorder Society,,品川,10月4-6日,2007
舩山学,吉野浩代,今道洋子,李元哲,高嶋博,松浦英治, 有村公良,水野美邦,服部信孝. Autosomal recessive late-onset parkinsonismの原因遺伝子探索. 平成18年度老人性疾患病態・治療研究センター研究発表会, 東京, 3月7日, 2007
舩山学,吉野浩代,今道洋子,李元哲,高嶋博,松浦英治,有村公良,水野美邦,服部信孝. 常染色体劣性遺伝性晩発性パーキンソニズムの原因遺伝子探索.  第48回日本神経学会総会, 名古屋, 5月16-18日, 2007
舩山学,今道洋子,李元哲,吉野浩代,高嶋博,松浦英治,有村公良,水野美邦,服部信孝. 常染色体劣性遺伝性晩発性パーキンソニズムの原因遺伝子探索. テーラーメイド医療を目指したゲノム情報活用基盤技術第3回公開シンポジウム, 東京, 8月2日, 2007
舩山学,吉野浩代,今道洋子,李元哲,李林,増田浩美,高嶋博,松浦英治,有村公良,水野美邦,服部信孝. 常染色体劣性遺伝性晩発性パーキンソニズムの原因遺伝子探索. 第1回 Movement Disorder Society, Japan 学術集会, 東京, 10月4-6日, 2007
Funayama M, Ohashi S, Yamamoto S, Itaya M, Arikawa-Hirasawa E, Mizuno Y, Hattori N. Biochemical and behavioral analyses of NDUFV2+/- mice, for generation of Parkinson disease model (パーキンソン病動物モデル作製にむけたNDUFV2+/- マウスの検討). 第7回 日本ミトコンドリア学会年会, 鹿児島, 12月20-22日, 2007
三浦聡子、佐々木久実、大泉英樹、頼高朝子、田中茂樹:髄膜脳炎発症後、一年以内に硬膜動静脈瘻を発症した49歳男性例, 第180回日本神経学会関東地方会,東京.3.3.2007
水野美邦.ビデオセッション.2年前歩行障害が始まり1ヶ月前より急速に歩行不能になった70歳男性.第1回Movement Disorder Society, Japan Congress, 東京,10月4-6, 2007
宮元伸和,張寧,上野祐司,田中亮太,卜部貴夫.慢性虚血における嗅球の細胞死と再生についての検討.第32回脳卒中学会.福岡.3月21-24日.2007
宮元 伸和,張 寧,柳 美子,田中 亮太,卜部 貴夫,服部 信孝.脳梗塞急性期モデルにおけるvalsartanの神経保護作用の検討.第48回神経総会.5月16-18日.名古屋.2007
宮元伸和,田中亮太,上野祐司,張寧,服部信孝,卜部貴夫.慢性虚血におけるOligodendrogenesisについての検討.第19回脳循環代謝学会.盛岡.10月25-26日.2007
宮元伸和,田中亮太,張寧,上野祐司,服部信孝,卜部貴夫.慢性脳虚血における神経前駆細胞とpCREBの活性化についての検討.第19回脳循環代謝学会.盛岡.10月25-26日.2007
本井ゆみ子、志村英樹、板谷昌子、服部信孝、多田昇弘.野生型タウ過剰発現トランスジェニックマウスは記憶障害をおこす.第48回日本神経学会総会、2007,5 16-18, 名古屋
本井ゆみ子、志村英樹、板谷昌子、服部信孝、多田昇弘.野生型タウ過剰発現トランスジェニックマウスは記憶障害をおこす.第48回神経病理学会、2007,5月30-6月1日、東京
本井ゆみ子、塩月寛美、中村真一郎、水野美邦、服部信孝.Off時に人物誤認妄想を呈したパーキンソン病に伴う認知症の一症例.第1回 Movement disorders society, Japan,2007年10月4日-6日
安田徹,和田圭司,服部信孝,望月秀樹,水野美邦.alpha-synucleinとUCH-L1のin vivoにおける機能相関.第48回日本神経学会総会,名古屋,5月16-18日,2007
横山和正, 服部信孝.運動障害を呈する多発性硬化症の特徴及びインターフェロンの効果に関する検討.2007.4.13 金沢
横山 和正, 服部 信孝.多発性硬化症における運動異常症の特徴.神経学会総会
吉野浩代、今道洋子、舩山学、富山弘幸、佐藤健一、水野美邦、服部信孝.パーキンソン病における parkin 遺伝子変異解析(続報).第48回日本神経学会総会,名古屋,5月16日~ 18日
吉見建二, 大山彦光,籠橋麻紀,中里泰三,北澤茂,服部信孝.生理的モノアミン伝達促進剤(-)BPAPのマウス線条体ドパミン放出に対する作用.第48回日本神経学会総会,名古屋,5月16日~18日, 2007
頼高朝子、大泉英樹、渡辺照文、田中茂樹、服部信孝.パーキンソン病におけるREM睡眠行動異常症の有無による臨床兆候の差異の検討.MDSJ in Tokyo 12-15 October 2007
若杉雅浩、奥寺 敬、安野 みどり、井上聖啓、河村 満、北原 孝雄、國本雅也、横田裕行.抗凝固療法中に発症した脳出血の治療の実態に関する調査報告.第21回 日本神経救急学会 学術集会、2007年6月16日、京都
 ページの先頭へ




 
  学校法人順天堂医学部医学部神経学講座大学院医学研究科順天堂医院附属病院マップEnglish  
 
Copyrght(C) 順天堂大学医学部附属順天堂医院 All rights reserved. Produced by FARO