順天堂大学脳神経内科

順天堂医院脳神経内科では入局希望医師(研修医)、治験希望患者さんを募集しております


Powered by Google
〒113-8431 東京都文京区本郷3-1-3 TEL03-3813-3111(大代表)
  HOME治験希望の方へ学会活動在宅医療について関連病院一括同窓会  
  各部門  
  神経疾患とは   MS(多発性硬化症)   NMO(視神経脊髄炎)
  MG(重症筋無力症)   Guillain-Barre症候群   フィッシャー症候群
  CIDP(慢性炎症性脱髄性多発神経炎)

神経免疫部門(神経疾患とは)

 
神経疾患とは
外来治療
多くは難治・進行性であることが多く以前はあまり治療もできず神経の症候を調べ解剖によりその病態を把握することが主眼でした。しかし近年の科学の進歩により新しい診断・治療法が発展してきました。神経免疫疾患は中でも若年の患者さんが多く、早期診断・治療をすることでQOLが維持できると考えられています。
入院は誰しもしたくありません。当院では可能な限り外来でステロイドパルス療法、血液浄化療法、インターフェロン自己注射の外来教育を行っています。西欧諸国では当たり前のことです。木曜日の神経免疫専門外来は患者さんも多いため安定している患者さんは3-4ヶ月に一回の診察とさせていただいています。


神経免疫疾患とは
中枢神経系(大脳、小脳、脳幹、脊髄)、末梢神経、神経筋接合部、筋肉の自己免疫を介する病気であると考えられている多発性硬化症、視神経脊髄炎、重症筋無力症、CIDP(慢性炎症性脱髄性多発神経炎)、Guillain-Barre症候群、フィッシャー症候群、Bickerstaff脳幹脳炎、Tolosa-Hunt 症候群、サルコイドーシス、ベーチェット病、中枢神経Lupusなどがあります。頻度はおおよそ10万人に10名以下のまれな疾患です。自己免疫疾患とは自分に反応してしまう免疫細胞がなぜか体の中にできてしまい自己の細胞が障害されます。そのため治療は免疫の調整、抑制が必要です。ステロイドホルモンや免疫抑制剤、免疫グロブリン製剤や血液浄化療法を組み合わせます。治療法を早期にうまく行えば非常に良い状態(寛解)に至ることが可能な病気です。しかし一生涯病気と付き合っていかなければいけません。


当院の特徴
神経免疫専門外来を日本でもかなり早くから始めたために非常に多くの患者さんがいます。また順天堂は膠原病診療も有名で患者さんも多いのですが、神経症状 を呈した方を一緒に診察・治療するシステムがあります。さらには世界でもトップクラスの症例数を誇る血漿交換室があり、2回 目からは外来通院で血液浄化療 法を行っています。多くの臨床治験や臨床研究も国立精神・神経センター、東北大学、東京女子医科大学とともに行っています。 患者教育にも積極的であり毎月 学内で少人数の新しく診断されたばかりの多発性硬化症患者さん向けに講演会を行っています。紹介患者さんやセカンドオピニオ ンの方も多いのですが、金銭面での負担を少なくするため第4土曜日に神経免疫専門初診外来を保険診療下で行いおおよそ30分 かけて診察しています。
今までは予約受付は一般の初診の患者さんと同じように、3A外来受付窓口で随時患者さん、もしくはかかりつけの医療機関に対 応していましたが、MRI(核磁気共鳴画像)等のデータがあらかじめ院内のシステムに登録されていない場合に、持参のDVD の読み込み、画像チェックだけでも長時間を費やしてしまい、データの保管場所確保を含めて今の体制が難しくなって参りました。よって「神経免疫疾患初診患者さんの予約について」今後はご紹介いただく医療機関より当院の医療連携室までご連絡い ただき、予約とさせていただきます。この場合は当院での検査・治療は可能で通常の保険診療となります。
担当の医療機関からのご連絡 医療連携室 TEL 直通 03-5802-1576・1941
FAX 0120-03-3946 
今後は予約申込みにつきましては患者さんからの直接のご予約は受付けませんので是非かかりつけの医療機関をとおしてお申込みしてください。

また当院で定義する正式なセカンドオピニオン外来(診察のみで検査・治療は行わないません。また健康保険適応外です ので自費での受診となります)は予約診察室で医療連携室経由で随時受け付けます(原則月曜、火曜)。
下記御確認をお願いいたします。
http://www.juntendo.ac.jp/hospital/organi/second.html
主治医(かかりつけ医)から病名や治療方針の説明を受けられている患者さん。
原則として患者さんご本人ですが、患者さんご本人の同意があれば、ご家族の方の相談も可能です。

以下の場合は、相談の対象外となります。
 1.訴訟を目的とする場合。
 2.メンタルクリニックに関連すること。
 3.既に終了している治療に対しての判断。


 
  学校法人順天堂医学部医学部神経学講座大学院医学研究科順天堂医院附属病院マップEnglish  
 
Copyrght(C) 順天堂大学医学部附属順天堂医院 All rights reserved. Produced by FARO