順天堂大学脳神経内科

順天堂医院脳神経内科では入局希望医師(研修医)、治験希望患者さんを募集しております


Powered by Google
〒113-8431 東京都文京区本郷3-1-3 TEL03-3813-3111(大代表)
  研修医・学生の方へ治験希望の方へ学会活動在宅医療について関連病院一括同窓会
  各部門  
  神経疾患とは   MS(多発性硬化症)   NMO(視神経脊髄炎)
  MG(重症筋無力症)   Guillain-Barre症候群   フィッシャー症候群
  CIDP(慢性炎症性脱髄性多発神経炎)

神経免疫部門(フィッシャー症候群)

 
フィッシャー症候群
Guillain-Barre症候群の仲間と考えられています。複視、失調、腱反射低下が特徴です。髄液検査で蛋白細胞解離が特徴です。血液検査で抗GQ1b抗体が陽性になることが多く診断に利用されます。多くは何も治療しなくても1年以内に良くなりますが、症状が強くて日常生活が困難な場合、免疫グロブリン大量療法や血液浄化療法を行います。小脳症状によるふらつきが強い方はリハビリが重要です。


 
  学校法人順天堂医学部医学部神経学講座大学院医学研究科順天堂医院附属病院マップEnglish  
 
Copyrght(C) 順天堂大学医学部附属順天堂医院 All rights reserved. Produced by FARO