順天堂大学脳神経内科

順天堂医院脳神経内科では入局希望医師(研修医)、治験希望患者さんを募集しております


Powered by Google
〒113-8431 東京都文京区本郷3-1-3 TEL03-3813-3111(大代表)
  HOME治験希望の方へ学会活動在宅医療について関連病院一括同窓会  
  各部門  
  神経疾患とは   MS(多発性硬化症)   NMO(視神経脊髄炎)
  MG(重症筋無力症)   Guillain-Barre症候群   フィッシャー症候群
  CIDP(慢性炎症性脱髄性多発神経炎)

神経免疫部門(CIDP:慢性炎症性脱髄性多発神経炎)

 
CIDP(慢性炎症性脱髄性多発神経炎)
読んで字のごとく末梢神経に脱髄がおきてしまいます。そのため手足の先に強い運動障害やいわゆる手袋靴下型の感覚障害がおきます。症状が2ヶ月以上続くことが特徴です。徐々に進行する場合と再発寛解を繰り返す場合があります。目の動きや飲み込みが侵されることはあまりありません。典型例では髄液検査で蛋白細胞解離、神経伝導速度検査で伝導ブロックなどの特徴的な所見を呈します。東京都や千葉県では医療補助を受けることができます。治療としてそれまでのステロイド療法が基本ですが免疫グロブリン大量療法が保険適応となり、血液浄化療法を組み合わせます。糖尿病の患者さんでこの病気が合併していることもあります。生命予後は悪くないのですが筋肉の萎縮が進行して車いすになってしまう方もいます。免疫抑制剤の使用はまだ保険適応になっていません。MSの合併も時に認められます。


 
  学校法人順天堂医学部医学部神経学講座大学院医学研究科順天堂医院附属病院マップEnglish  
 
Copyrght(C) 順天堂大学医学部附属順天堂医院 All rights reserved. Produced by FARO