順天堂大学脳神経内科

順天堂医院脳神経内科では入局希望医師(研修医)、治験希望患者さんを募集しております


Powered by Google
〒113-8431 東京都文京区本郷3-1-3 TEL03-3813-3111(大代表)
  研修医・学生の方へ治験希望の方へ学会活動在宅医療について関連病院一括同窓会
  外来と入院  
  筋電図検査   脳波検査   頸部動脈エコー検査   腰椎穿刺
  経食道エコー検査   神経伝道速度検査   針筋電図検査

外来特殊検査(経食道エコー検査

 
経食道超音波検査とは?
脳梗塞は心筋梗塞後や不整脈,弁膜症、心奇形の合併、心臓内腫瘍などの心臓が原因で起こることがあります。経食道心臓超音波検査では、胃カメラのような管(図)を飲み込んで頂き、心臓の裏を食道側から観察します。検査の要領は胃カメラと同様で,まずは嘔吐の反射を無くし,管を飲みこみやすくするため,喉の麻酔をします。喉の麻酔は水飴のようなお薬と、スプレー式のお薬を使います。当科では午後に検査を行っています。検査前3時間は食事をとらないでください.「昼食抜き」とお考えいただければ結構です。検査終了後1.5時間は喉の麻酔が残っていますのでむせやすい状態です。その間は飲食せず、唾や痰は飲み込まず吐き出すようにして下さい。


検査によってわかること
通常脳梗塞は動脈硬化の進行,不整脈からできた血栓により起こりますが,それらの因子がない方でも脳梗塞を起こすことがあります.この原因として卵円孔開存症(心房のに空いた小さい穴;図)があり通常の心臓超音波では判定困難です.また,大動脈の壁に付着した血栓から脳梗塞を起こすこともあります.これらを中心に脳梗塞の原因を探っていく検査です。

 
  学校法人順天堂医学部医学部神経学講座大学院医学研究科順天堂医院附属病院マップEnglish  
 
Copyrght(C) 順天堂大学医学部附属順天堂医院 All rights reserved. Produced by FARO