順天堂大学脳神経内科

順天堂医院脳神経内科では入局希望医師(研修医)、治験希望患者さんを募集しております


Powered by Google
〒113-8431 東京都文京区本郷3-1-3 TEL03-3813-3111(大代表)
  研修医・学生の方へ治験希望の方へ学会活動在宅医療について関連病院一括同窓会
  各部門  
  神経疾患とは   MS(多発性硬化症)   NMO(視神経脊髄炎)
  MG(重症筋無力症)   Guillain-Barre症候群   フィッシャー症候群
  CIDP(慢性炎症性脱髄性多発神経炎)

神経免疫部門(MG:重症筋無力症)

 
MG(myasthenia gravis: 重症筋無力症)
筋肉に神経からの司令を伝える部分を神経筋接合部と言いますがその部分にあるアセチルコリン受容体に対し主に破壊性の抗体が産生されます。そのため筋肉の興奮収縮連関がうまくいかなくなり筋力低下、易疲労性が出てきます。症状としてはまぶたが下がる、物が2重に見える、飲み込みが悪い、首が垂れる、手足の脱力などです。膠原病、甲状腺疾患や胸腺腫という腫瘍が認められることもあります。治療としては日常生活ができる状態では外来で抗コリンエステラーゼ阻害薬や内服ステロイドが投与されます。目の周りの症状だけではない場合(全身型)は急激に呼吸ができなくなるような状態になることもあります(クリーゼ)。その場合には人工呼吸管理、血液浄化療法、ステロイドパルス療法ののち内服ステロイド、免疫抑制剤であるタクロリムス、サイクロスポリンを使用します。感染症や手術を機に悪化することもありますし、睡眠薬や安定剤ある種の抗生剤は原則使用できません。

 
  学校法人順天堂医学部医学部神経学講座大学院医学研究科順天堂医院附属病院マップEnglish  
 
Copyrght(C) 順天堂大学医学部附属順天堂医院 All rights reserved. Produced by FARO